美的ヌーボプレミアムで母乳の出方は変わるのか!?

赤ちゃんが生まれたら、やっぱり母乳で育てたいと思うのは当然のことです。

 

 

 
しかし、母乳については結構悩むお母さんが多いのです。

 

 

 
実は私も第一子を出産した時にすごく悩みました。

 

 

 
私の場合は、母乳があまり出なかったんです。

 

 

 
主人が長男のため、舅や姑と同居していました。

 

 

 
だから母乳が出ないことを責められるような雰囲気がありました。

 

 

 
母乳が出るようにマッサージにも行きましたし、いろんな人にも相談しました。

 

 

 
でもあまり出なかったんです。

 

 

 
その上、陥没乳頭だったので子供が乳頭に吸い付きにくく、そのために出なくなっていったんですね。

 

 

 
とても悲しく思いましたが、幸い我が子はミルクで丈夫に育ってくれました。

 

 

 
もし、母乳が出ないと悩んでいるお母さん、母乳が出なくても大丈夫ですよ。

 

 
その我が子ももう30歳になり、立派なお母さんにもなりました。

 

 

 
その時は悩みますが、大したことではありません。

 

 

 
他のことでちゃんと愛情をかけられます。

 

 

 

 

母乳がちゃんと出る人は、幸せだと思って、どんどん飲ませてあげてください。

 

 

 
たくさん出る人は、昔は乳母といって他の子供にも飲ませていたんですよね。

 

 

 
本当に出る人がうらやましいです。

 

 

 
出過ぎて困る人もいるようですね。

 

 

 
乳腺炎になったりすることもあるようです。

 

 

 

 

マッサージを妊娠中からしておくのがいいといわれていますね。

 

 

 
妊娠6ヶ月ころから始めるのが良いそうです。

 

 

 
入浴中や入浴後に乳頭が出るようにマッサージをするのだそうです。

 

 

 
赤ちゃんが吸い付きやすくするためです。

 

 

 
赤ちゃんが吸い付いてくれると、どんどん出るようになるんですね。

 

 

 

 

母乳にはお母さんからの免疫などの栄養が豊富に含まれています。

 

 
少しでも飲ませてあげるといいですね。

 

 

 

 

でも本当に出ない人も大丈夫です。

 

 

 
私の子供たちはみんな母乳は少ししか飲まなかったのですが、とても元気に丈夫に育ちました。

 

 

 
ミルクでも母乳でも母親の愛情はちゃんと届き、子供は育ちます。

 

 

 
自信をもって子育てしましょう!

美的ヌーボプレミアムを飲み始めて妊娠に至るまで!!

赤ちゃんができたのかどうなのか、手軽に調べる方法に市販の妊娠検査薬があります。

 

 

 
性交渉があってから3週間くらいしたら調べることができます。

 

 

 
あんまり検査の時期が早すぎると、正しい検査が出来ない場合もあります。

 

 

 

 

妊娠を希望している人は、妊娠の反応が出たら、嬉しいですよね。

 

 

 
でも希望していない人にとっては、妊娠の反応が出たらどうなるのでしょう?

 

 

 
心配ですね。

 

 

 
結婚している人なら、出産という方向に持って行く事が出来るでしょうが、未婚であった場合や望まないことであった場合には、大変なことになりますね。

 

 

 

 

妊娠検査薬の使い方は、説明書に従います。

 

 

 
分かりやすく書かれているので、心配はありません。

 

 

 
ほとんどの場合、妊娠検査薬に尿をかけるか、紙コップでとった尿につけるかです。

 

 


それで、赤やピンクのラインが出れば妊娠しているということなります。

 

 

 
プラスに出るか、マイナスに出るかですね。

 

 

 

 

妊娠検査薬に線が現れた場合には、妊娠しているということになります。

 

 

 
どうして妊娠したということになるのでしょうか?

 

 

 
妊娠すると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が尿の中に含まれるようになるのです。

 

 

 
hCGとは、受精卵が子宮に着床すると発生するホルモンです。

 

 

 

 

もしラインが出、妊娠しているということが妊娠検査薬で分かったとしても、すぐにかかりつけの産婦人科医を受診しましょう。

 

 

 
医師に妊娠をはっきりと確認してもらう必要があります。

 

 

 
そしていよいよ赤ちゃんを出産するという大仕事にかかるわけです。

 

 

 
妊娠を希望している人にはうれしい陽性反応ですね!

 

 

 
パートナーの方とこれから新しい命を生み出し、はぐくみ育てていく素晴らしい日々が待っていますね。

 

 

 

 

妊娠を希望していなかった人も産婦人科を早めに受診しましょう。

 

 

 
これからの自分の人生をよく考えて行かなければなりませんね。

 

 

 

 

いろんな会社の妊娠検査薬があると思いますが、最近では早く正確な判定結果が出るようになってきています。

 

 
アラクスという株式会社の妊娠検査薬は、1分で判定でき、99%以上の正確さなんだそうです。

 

 

 
昔の技術から考えると、驚くほど進化してきていますね。

美的ヌーボプレミアムで流産は防げる?中絶の豆知識!

人口妊娠中絶とは、妊娠を途中で止めることで、22週未満(21週と6日まで)しかできません。

 

 

 
妊娠中絶は母体の健康上どうしても妊娠を継続できないという理由や、経済上の理由、またレイプ被害などでの妊娠の場合などで認められています。

 

 

 
妊娠中絶は母体にとっては良くないことなので、一刻も早く決断しなければならないことです。

 

 

 
一日一日胎児は成長し大きくなっています。

 

 

 
12週未満では、掻把法、または吸引法というもので行われます。

 

 

 
子宮の入り口を開いて、胎児と胎盤などをキュレットという器具でかき出すのだそうです。

 

 

 
15分ほどで終わり、出血や痛みなども少ないようです。

 

 

 
麻酔が切れ、すこし病院で様子をみてから、自宅へその日のうちに帰ることが出来ます。

 

 

 
12週から22週では、子宮収縮剤を使って子宮収縮を起こし、陣痛を起こして流産させる方法で行います。

 

 
実際にお産をするような感じになるので、数日の入院が必要です。

 

 

 
市役所等に死産届を出したり、埋葬許可証をもらう必要があるそうです。

 

 

 
この場合には、出血や痛みもあるので母体にとっては負担なことです。

 

 

 
10日間くらいは感染症を防ぐ薬を飲むなどして安静が必要です。

 

 

 
また、お風呂では湯船につからずシャワーをします。

 

 

 
感染症を防ぐためですね。

 

 

 
1週間後にまた診察をしてもらいましょう。

 

 

 
妊娠中絶を行ってから、4週間から6週間で次の生理がきます。

 

 

 

 

しかし、妊娠中絶をしたら、母体を傷つけるばかりでなく、精神的なストレスが大きいと思います。

 

 

 
母体では、ホルモンバランスが乱れることもありますし、生理不順や無月経になったりすることもあります。

 

 

 
また、炎症を起こしたりすると、不妊になってしまったり子宮外妊娠になってしまったりする可能性だってあるんです。

 

 

 
それに流産や死産をしやすくしてしまうことになるかもしれないのです。

 

 

 
また精神的に赤ちゃんを死なせてしまったという罪悪感や後悔の気持ちを一生持ち続けることになるかもしれません。

 

 
精神的ストレスも大きいです。

 

 

 
妊娠中絶は、二度と起こしてはならないことです。

 

 

 
二度と繰り返さないという強い気持ちが大切ですね。

美的ヌーボプレミアムと陣痛は無関係?陣痛の痛みって?

陣痛とは、妊産婦がいよいよお産だという時に、赤ちゃんを体外に押し出そうとして子宮が収縮するときに生じるの痛みです。

 

 
実際に経験した人にしかわからないとは思うのですが、とても痛いものです。

 
でも妊産婦さんは、赤ちゃんのため、赤ちゃんに会うためにその痛みを乗り越えるのです。

 

 
第1子の時には、陣痛とはどんな痛みなのか分からないので不安も多いと思います。

 

 
36週に入るともう10ヶ月になるのでいつでも陣痛が始まってもおかしくありません。

 

 
実際に10ヶ月に入るころには陣痛の前駆といわれるようなおなかのはりや痛みがすこしずつ起こって来るようです。

 

 
お産の準備に入ったのですね。

 

 
そして、ある日、いよいよ本当の陣痛が始まります。

 

 
いよいよ赤ちゃんに会えるのです。

 


最初は20分間隔くらいの人が多いようですね。

 

 
だんだんと間隔が短くなってきます。

 

 
20分から15分へ、そして10分間隔になったころに産婦人科へ向かう妊婦さんが多いです。

 

 
子宮口が開いていくときの痛みが陣痛なのですが、子宮口が全開になるまでは本当に痛いので、痛みをこらえるのに大変です。

 

 
子宮口が完全に開くのは、2分間隔になったころです。

 

 
このころになると、もう早くいきみたいという感じになります。

 

 
あとは赤ちゃんの頭が出たら、わりと早くお産は進みます。

 

 
赤ちゃんが生まれたら、もう陣痛など忘れてしまうくらいです。

 

 
陣痛という大変な痛みを乗り越えるので、お母さんは強いのですね!

 

 
陣痛の痛みも人によって感じ方は違うと思います。

 

 
第1子を生んだ後、もうあの陣痛は経験したくないからということで2人目は生まない人もいます。

 
その逆で陣痛はそんなにひどくなくて、大丈夫だったからということで次の子供を産む人もいます。

 

 
2人目からは経験があるので、あとどのくらい陣痛が続くのかなどがわかります。

 

 
私は4人の子供を自然分娩で出産しましたが、やはり最初のお産の陣痛が1番痛かったです。

 

 
でも赤ちゃんが生まれた喜びで陣痛のことなど忘れてしまうのです。