美的ヌーボプレミアムで流産は防げる?中絶の豆知識!

人口妊娠中絶とは、妊娠を途中で止めることで、22週未満(21週と6日まで)しかできません。

 

 

 
妊娠中絶は母体の健康上どうしても妊娠を継続できないという理由や、経済上の理由、またレイプ被害などでの妊娠の場合などで認められています。

 

 

 
妊娠中絶は母体にとっては良くないことなので、一刻も早く決断しなければならないことです。

 

 

 
一日一日胎児は成長し大きくなっています。

 

 

 
12週未満では、掻把法、または吸引法というもので行われます。

 

 

 
子宮の入り口を開いて、胎児と胎盤などをキュレットという器具でかき出すのだそうです。

 

 

 
15分ほどで終わり、出血や痛みなども少ないようです。

 

 

 
麻酔が切れ、すこし病院で様子をみてから、自宅へその日のうちに帰ることが出来ます。

 

 

 
12週から22週では、子宮収縮剤を使って子宮収縮を起こし、陣痛を起こして流産させる方法で行います。

 

 
実際にお産をするような感じになるので、数日の入院が必要です。

 

 

 
市役所等に死産届を出したり、埋葬許可証をもらう必要があるそうです。

 

 

 
この場合には、出血や痛みもあるので母体にとっては負担なことです。

 

 

 
10日間くらいは感染症を防ぐ薬を飲むなどして安静が必要です。

 

 

 
また、お風呂では湯船につからずシャワーをします。

 

 

 
感染症を防ぐためですね。

 

 

 
1週間後にまた診察をしてもらいましょう。

 

 

 
妊娠中絶を行ってから、4週間から6週間で次の生理がきます。

 

 

 

 

しかし、妊娠中絶をしたら、母体を傷つけるばかりでなく、精神的なストレスが大きいと思います。

 

 

 
母体では、ホルモンバランスが乱れることもありますし、生理不順や無月経になったりすることもあります。

 

 

 
また、炎症を起こしたりすると、不妊になってしまったり子宮外妊娠になってしまったりする可能性だってあるんです。

 

 

 
それに流産や死産をしやすくしてしまうことになるかもしれないのです。

 

 

 
また精神的に赤ちゃんを死なせてしまったという罪悪感や後悔の気持ちを一生持ち続けることになるかもしれません。

 

 
精神的ストレスも大きいです。

 

 

 
妊娠中絶は、二度と起こしてはならないことです。

 

 

 
二度と繰り返さないという強い気持ちが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA